技術部長挨拶

理工学部技術部長 豊田 昌宏


 平成19年4月1日に発足以来,工学部技術部は10年を迎えました。この間,技術部は,工学部の各学科やセンターの枠を越えた専門職集団として,長期,あるいは短期業務にあたって参りました。


 本年(平成29年4月)に,これまでの工学部は理工学部に改組され,2学科8コースで新たに出発をしております。具体的には,創生工学科に機械,電気電子,福祉メカトロニクスおよび建築学の4コースを設け,共創理工学科には,知能情報システム,数理科学,自然科学および応用化学の4コースを設けました。従来の工学系のコースに加え,新たに理学系の数理科学および自然科学のコースを新設しております。これに伴い,工学部技術部は,新たに理工学部技術部として発足しております。理工学部技術部となりましたが,これまで通りに専門分野ごとに組織された4系8班より構成され,技術部としてのこれまでの業務を継承しております。一般的な業務である長期業務では,技術部として組織化される前と同様に,所属する学科,コースやセンター等での教育支援,研究支援,運営支援等に従事します。一方,短期業務では,技術職員の活動範囲の拡大と各自が所有する技術力を広い範囲で有効に活用するため,所属部署以外でも長期業務と同様な各種支援を行います。短期業務は,所属する学科,コース,あるいはセンター等で行う長期業務に支障をきたさないように配慮して実施されます。今回,あらたに2つのコースが新設されましたが,新設のコースに対しても,従来と同様に業務を行います。


 技術部では,各種支援活動を円滑かつ効率的に実施するため,これまで通り,地域貢献,科学実験,技術職員研修,企画・広報,予算,科学研究推進および業務依頼担当に関するワーキンググループ(WG)で支援および活動を行っております。技術職員全員がいずれかのWGに所属し,これらのWGを活動拠点として長期業務支援,短期業務支援,技術部独自の活動等を積極的に推進するとともに,必要に応じて改善に向けた努力を継続的に行っています。技術部が平成28年度に行った年間活動記録につきましては,平成29年9月に発行される技術部報告書にて報告予定です。是非ご覧になってください。


 技術部の活動として特筆すべきは,地域への社会貢献です。地域の小学校に出向いて行う<おもしろ科学実験教室>,この他にも<大学開放イベント>,<パソコンを組み立ててみよう>等を通じ,子供たちのものづくり意欲の喚起や科学のおもしろさを伝えるための社会貢献活動に積極的に取り組んでいます。いずれも好評で,この活動の一部は,新聞でも報道され,学外で非常に高い評価を得ています。

 本学でも,定員削減や法人化に伴う運営費交付金の削減から人件費が削減され,定員の削減が進められております。教員や事務職員と同様にこの技術部も定員削減の対象となっています。教職員の定員削減が行われても理工学部における教育・研究の質の低下を招くことがあってはならず,人的資源の減少に伴う諸問題の解決には,教職員全員で一丸となって当っております。このような環境下においても,技術部は理工学部における教育,研究,社会貢献活動を支援する組織として不可欠です。技術部の存在の重要性を考えれば,構成員である技術職員は職務遂行に必要な新しい知識を修得して専門技術を継承し,自らの資質向上を図ることが必要です。


 今後も技術部では,長期および短期業務支援を着実に行いつつ,社会に開かれた大学づくりを目指して,地域貢献活動にも引き続き積極的に参画したいと考えております。さらに,技術部は,教員組織や事務組織と連携・協力して理工学部の発展はもとより,大分大学の発展に寄与するために努力してまいります。技術部の存在意義とその重要性を十分にご理解いただき,今後とも,技術部の更なる発展のためにご支援とご鞭撻を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。(平成29年4月)